白髪染めは簡単、手軽にオウチでできます。

FrontPage

白髪染めに挑戦!

30歳を過ぎた頃から白髪が目立ち始めてきて、分け目の目立つ事は毛抜きで一本一本抜いて来きた。
鏡を見ながらの作業は結構神経を使う。他の白くない黒い毛は抜かないように慎重に選んでえいやと抜くとやっぱり白い毛と黒い毛を2本抜いたりしてしまってそんな時はとてもイライラするし、なにより目が疲れる。気がついたら目が真っ赤になっていていたなんでざらだし、以外と目を酷使する作業なのだ。
もうそろそろキリもないし、しんどくなってきたので市販の白髪染めの購入を検討。普段はなにか物を買う前にはネットなどで下調べをするんだけど今回はドラックストアに直行した。近所のドラックストアの白髪染めコーナーには、結構種類があってどれがいいのか迷ってしまう。ブランド一つとっても色も沢山あるから色選びも迷うし、泡のタイプやクシに白髪染めの液を出して塗るタイプもある。とりあえず藤原紀香がCMしているシエロに目がついた。ムースタイプなので簡単そうに思い、値段も手頃だったので暗めのブラウンを購入した。
画像の説明
さっそく自宅で封を開け説明書を読む。髪を染める前にはパッチテストをするようだけど、普段美容室でカラーリングをしても特にトラブルは無いので、そのまま作業に入った。ムースでの作業は思ったより簡単だったし、箱の側面に切れ目があり、ボトルが倒れない用に使わない時は箱に立てておけるのは安心だ。髪全体に塗り終わって数十分は置かなければいけないので、ボーっとテレビを見て時間を過ごす。無事染まっているのかシロウト目には分からないけど、時間がきたのでシャンプーをしてドライヤーで髪を乾かした。
鏡をみて仕上がりをチェックしたら、奇麗に染まっている。生え際の短い毛の数本はちゃんと染まっていなかったけど前髪は普段下ろしているから問題なし。髪の痛みも特に感じなかったし、満足の行く仕上がりだった。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional